メインコンテンツに移動

Consulting for Good

Consulting for Good(コンサルティング・フォー・グッド)は Sia Partners(シア・パートナーズ)の目標で、「CSRを軸とした目的志向型の企業になること」を目指しております。Sia PartnersのCSRに対する包括的なアプローチでは、Sia Partnersの方針、実績、文化の垣根を超えた下記4つのLabs for Goodを通じて世界中のお客様に革新的なサービスを提供することを目指しております。

01

気候分析ラボ

気候変動への対策が急務であることは広く認識されています。

Sia Partnersは15年に渡り、炭素の削減やエネルギー転換の促進に取り組んでいます。Sia Partnersの利益の12%は気候変動に関連したサービスから得られており、公共部門や民間部門のお客様に対してグローバルで低炭素経済への移行を推進しております。持続可能な世界を創るためには環境への適応と炭素の大幅な削減が必要です。

6つの主軸

Sia Partnersの気候分析ラボは気候変動への対策を支援するため、下記6つの主軸に焦点を当てています。

 

1.気候変動の予知:サーキュラリティの実現や堅牢なESG戦略の設計を通じてビジネスモデル・バリューチェーンの変革を行います。

2.最新のテクノロジーを活用:収集できるすべてのデータを活用し、インフラ設備の最適化や再生可能エネルギーの導入を通じて新しいビジネスチャンスを創出します。Sia Partnersでは最新のAIや量子コンピューターなどの技術を活用して、優れた結果を算出しております。

3.グリーンファイナンス:環境に配慮した製品、資産、投資を企画・管理し、気候変動によるパラダイムシフトの要素を金融モデルに組み込みます。

4.公共政策の対応:気候変動の対策をそれぞれ地域、国家、国際的な枠組みで定義して、どこまで対応すべきなのかを設定します。

5.バイオダイバーシティ(生物多様性):サプライチェーンの再構築、新たなKPIの定義、バイオディバーシティの保全などを推進します。

6.農業:農場から食卓までの持続可能で革新的、効率的、かつ顧客志向な農業及びアグリフードビジネスを構築します。

Climate Analysis Center

02

社会責任ラボ

業界や職種に関わらず、企業は従業員、コミュニティー、そして関係者に対して大きな社会責任があります。持続的な成長のためには、雇用主が社員の満足度や貢献度を向上させる行動や方針の設計が必要になります。Sia Partnersの社会責任ラボではこのような社会責任に対するサービスを開発しております。

弊社の提供するサービスには①ダイバーシティや多様性の促進、②インダストリー4.0のベストプラクティス・トレンドの統合、③リモートワークの最適化、④ワークライフバランスのサポートなどの様々な側面から社会責任を推進するためのツールや戦略を提供しております。

さらに、この社会責任ラボにはトレーニングや開発、燃え尽き症候群や虚無感への対策、異動支援、CSRポリシーなどにも焦点を当てています。

注目:インクルーシブな求人広告

ダイバーシティは従業員の福利厚生として重要なだけではなく、ビジネスにも良い影響を与えます。企業はどのように、より優秀な人材を採用することができるのでしょうか?1つの手段としては、求人広告の中に含まれる「性役割に該当する文言」を検出することです。Sia Partnersの責任あるAI(レスポンシブルAI)ラボで開発したスクレイピングツールは性役割に該当する文言を検出し、偏らない代替案を提案します。このようなジェンダーバイアスを特定して修正することで、より多様な人材の関心を集め、労働環境にダイバーシティを構築することができます。

 

03

責任あるAI(レスポンシブルAI)ラボ

AI(人工知能)は Sia Partnersの社会と経済を大きく変化させています。この破壊的なテクノロジーは仕事や技術において新しいアプローチを生み出し、困難な課題を解決できる可能性があります。AIの発展は新たな可能性を生み出す一方で、AIモデルに対する責任、公平性、分かりやすさ、プライバシー、セキュリティーなどの様々な側面から管理する必要があります。

Sia PartnersのConsulting for Goodのアプローチの一貫として、レスポンシブルAIラボは Sia Partnersのサービス及びお客様とのプロジェクトの双方で倫理的で透明性がある、責任あるAIテクノロジーの活用を保証できることを目指しております。

Sia Partnersのアプローチ

責任あるAI戦略の促進

Sia Partnersのコンプライアンスとデータサイエンスチームは、それぞれの専門知識を組み合わせて、お客様の組織ごとの価値観に基づいた責任あるAI戦略・規則を策定する支援をいたします。Sia Partnersのアプローチでは倫理的リスクを管理し、AIモデルのわかりやすさ・透明性を高め、倫理リスクを管理するツールを提供することでお客様の自主規制に対するニーズに答えた自己管理機能を提供します。ビジネスと技術的な専門知識のノウハウを組み合わせることで、AIに対する倫理の戦略的、組織的、運用的な側面に対応することが可能となります。

責任のあるAIの開発

Sia Partnersのビジネスチームとデータサイエンスチームはツール、ガイドライン、また様々なリソースを開発し、Sia PartnersのAIのサービスやアクセラレーターを中心とした倫理的なイノベーションの枠組みを構築します:

ガバナンス:公平性、責任、透明性、分かりやすさを確保するために、明確な倫理責任と責任のフレームワークを担保するガバナンスを確立します。

デザイン:倫理的なAI設計基準に準拠したソリューションを開発し、プロセスの透明性を保ちます。

モニタリング:AIモデルのフレームワークにアルゴリズムの責任、バイアス、そして安全対策を含みます。

エンパワーメント:Sia Partnersの組織内でAIを誰でも活用できる環境を設けることで、コンサルティングサービスの中でAIのマインドセットを組み込む「オーグメンテッド・コンサルティング」を提供しております。

「Consulting for Good」のサービス支援

上記の様々なラボの支援に加えて、Sia Partnersは人々やビジネスのために尽くし、お客様や社会に公平に影響力を与えるAIのサービスやアクセラレーターを開発し、展開します。

・グリーンエネルギー

・データ保護やコンプライアンスへの対応

・社会的福祉

・人事

04

倫理・コンプライアンスラボ

倫理とコンプライアンスは様々な業種・業界で評判を保つためのみならず、顧客、投資家、そしてあらゆる関係者の信頼を得て、新たなビジネスチャンスを生み出するのに役立つ無形資産です。

近年では企業の法的遵守だけではなく、企業理念やコンプライアンスなどの観点から企業を評価する動きが活発になっております。

Sia Partners はあらゆる業種・業界のお客様がコンプライアンスや倫理的なテーマに取り組む際に、すべての関係者への影響や、過去に実施した施策の効果測定から、構造化・イノベーティブな手法でお客様を導くためのサービスを多数用意しました。

私たちの国際的・多文化的なアプローチでは、国内外の様々な法的規制が絡む汚職防止などに対して柔軟に解決策を提案することができます。

Sia Partners の倫理・コンプライアンスラボでは、ありとあらゆるお客様に適用できるサービスを用意しております。また、それぞれのソリューションに最先端のツールを加えて、汚職防止、AML-CTF、データ規制、倫理などの課題に対応できる包括的なサービスを提供しております。

Get in Touch

Your data are used by Sia Partners to process your contact request. Please note that you have rights regarding your personal data. For more information, we invite you to read our data protection policy